IT

mediamonkeyのwindows10版を日本語化する方法・ダウンロードや使い方・プレイリストの作り方・androidで使える?・インポートするには

MediaMonkeyは、Windows 10で利用できる人気のデスクトップメディアプレイヤーです。音楽、オーディオブックなどの整理や再生に最適です。多くの機能を提供するオールインワンメディアプレーヤーが欲しい人には最適です。しかし、MediaMonkeyを日本語で使いたいなら、どうすればいいでしょうか。ここでは、MediaMonkey Windows 10版を日本語化する方法と、ダウンロード、使用、プレイリストの作成、インポート、さらにアンドロイドで使用する方法について説明します。

 

メディアモンキーウィンドウズ10バージョンを日本語化する方法

 

MediaMonkey Windows 10版では、プログラムの言語を変更する簡単な方法が用意されています。まず、Windowsの「設定」アプリを開きます。時刻と言語」を選択し、「地域と言語」を選択します。最後に「言語」を選択し、ドロップダウンリストの中から「日本語」を選択します。変更後、コンピュータを再起動すると、MediaMonkeyは日本語になります。

 

ダウンロードと使用方法

 

MediaMonkeyの使い方は、まず公式ホームページからダウンロードします。ダウンロードしてインストールしたら、次はファイルの追加です。MediaMonkeyはMP3、WMA、AACなど様々なオーディオファイルに対応しています。ファイルを追加したら、プログラムを使用してメディアの整理と管理、プレイリストの作成などを行うことができます。

 

プレイリストの作り方

 

プレイリストの作成は、MediaMonkey の最も人気のある機能の 1 つです。プレイリストの作り方は、プレイリストに追加したい曲を選択し、ドラッグ&ドロップで好きな位置に配置するだけ。また、「Auto-dj」機能を使って、ランダムなプレイリストを生成することもできます。その後、プレイリストを保存し、タイトルを付けることができます。

 

アンドロイドで使用できますか?

 

MediaMonkeyは、アンドロイド端末でも使用できます。アプリはGoogle Playストアから無料でダウンロードできますが、フルバージョンは有料のサブスクリプションが必要です。アプリをインストールしたら、パソコンから携帯電話に音楽を同期させることができます。また、プレイリストの作成と管理、音楽の再生も可能です。

 

インポート方法

 

別のプログラムや外付けハードディスクに音楽を保存している場合、簡単にMediaMonkeyにインポートすることができます。上部のツールバーから「ライブラリのインポート」を選択し、希望のソースを選択するだけです。次に、インポートしたいファイルを選択し、「ライブラリに追加」をクリックします。

 

まとめ

 

MediaMonkeyは日本語で使えるパワフルで使いやすいメディアプレイヤーです。メディアの整理、管理、再生に最適な方法です。外付けハードドライブからインポートする場合でも、Androidデバイスでプログラムを使用する場合でも、MediaMonkeyは多くの機能を提供します。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.