IT

drawioの使い方・ダウンロードはどこから?・数式の入力方法・excelに挿入するには・アニメーションのつけ方

drawioは、Excelやパワーポイントなどの互換ツールで、フローチャートやレイアウトなどの図を作成できる、高機能なツールです。

アイコンも豊富で、エクセルなどに比べて手間が少なく質の高い図を作成することができます。

会員登録する必要もなく、無料で使用できるのでオススメのツールです。
使用する時は、ブラウザ上での操作になるのでネット環境が必要になります。

作成したものはGoogleドライブなどと連携させて保存することができますよ。

今回はそんなdrawioについてお話ししていきます。

 

drawioの使い方

drawioは基本的に英語で表記されるので、使用する前にまずは言語を日本語にしましょう。

下記に記載しているURLにアクセスし、画面右下にある地球のマークをクリックし日本語を選択してください。
ページ更新を行なうと、日本語表記に切り替わります。

切り替え後は、図の保存先を選択してください。

Googleドライブのようなオンラインストレージなどへの保存が可能です。保存を行う時は、保存先へのログインが必要になるので注意してくださいね。

 

図の作成

新規のダイアグラムを作成するをクリックし、保存先を選択してください。
テンプレートを選択し、作成をクリックすれば図の新規作成が可能になります。

 

利用できるテンプレート
・フローチャート
・レイアウト(ワイヤーフレーム)
・ネットワーク図
・オフィスレイアウト図
・テーブル(表)

など、この他にも使用できるものがあるので、利用したいテンプレートを選択して作成を行なってください。

テンプレートを利用しない場合は、基本→白紙のダイアグラムを選択してください。
すでに作成した図を編集したい時は、既存のダイアグラムを開くを選択すれば、途中から図の作成ができます。

 

編集

白紙のダイアグラムを選択すると、作成画面が立ち上がります。

 

・タイトル:ダブルクリックで編集
・メニューバー:キャンバスの拡大縮小、図形をつなぐ線や矢印の設定を変更
・図形:図形やアイコンをカテゴリごとに一覧表示
・図のスタイル:用紙のサイズやグリット線の表示を設定

作成したものはオンライン上であれば、自動で保存されます。端末へ保存したい時は、メニューバーにあるファイルから保存するをクリックしてください。

 

ダウンロードはどこから?

ダウンロードは、以下のURLから行えます。

ソフトのインストールをすることもなく、会員登録も必要ないので、ダウンロード後は作図画面が立ち上がるので、すぐに使用できます。

https://www.draw.io/

 

数式の入力方法

新規ファイルを作成するをクリックし、テンプレートまたは白紙ファイルで開いてください。

ファイル名を入力し、作成ボタンをクリック。白紙ファイルの場合、方眼紙のような画面になるので、適当なところで右クリックしてください。

メニューの一番下のオプションにカーソルを合わせ、数式組版にチェックを入れると数式入力ができるようになります。

数式を書く時は、図形ボタンをクリックし、テキストボックスを使ってください。
drawioで数式を書く時は、数式をバッククオートで囲む必要があるので注意してくださいね。

書き方はTeXと同じものを使用してください。

 

excelに挿入するには

drawioのメニューバーから、形式を指定してエクスポートを選択してください。
その際、出力方式は必ずSVGを選択します。

excelを開き、挿入タブから画像を選択し、drawioで作成した図を選択します。

ファイル形式がSVGになっていることを確認し、挿入ボタンをクリックすると完了です。

 

アニメーションのつけ方

アニメーションをつけるには、Flowプラグインをdrawioに追加する必要があります。

エクストラから、プラグインをクリックし追加を選択します。

フロープラグインへのリンクを追加します。drawioをオンライン上で使用している場合は、URLフィールドにflowのテキストを入力します。

追加、適応の順にクリックします。

アニメーションをつけたいコネクタを右クリックし、コンテキストメニューからフローの切り替えを選択してください。

 

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.