IT

biツールは無料で使える?おすすめランキング・フリーソフト版はある?・機能比較表・awsで使える?・シェアの割合

biツールは、企業の色々なデータを分析し見える化することによって、経営や業務に役立てるソフトウェアです。

biはビジネスインテリジェンスの略で、ビジネスの意思決定に関わる情報を意味しています。

企業のデータ活用が拡大している現在、データを迅速で精度の高い意思決定を行うには、biツールが欠かせないものとなっています。

そこで今回は、biツールについてお話ししていきたいと思います。

 

biツールは無料で使える?おすすめランキング

biツールは無料で使えるものもあります。無料で使い続けられるものは、以下の4種類です。
上から順にオススメとして書いていきます。

・Pentaho(ペンタホ)

無料biツールのオープンソースで、高い自由度と拡張性を持っています。
基本的な機能は充実していますが、サポートは英語のみです。

対話型の分析手法や多様なレポーティングが可能で、先進的な分析手法のライブラリや、専門的なビジュアライズプラグインでビジュアル化したレポート作成ができます。

しかし、無料版はインストーラーがないので、ツールをサーバーとクライアントの個々でインストールする必要があります。また、基本的なプログラミングの知識がないと利用できません。

・Microsoft Power BI

Officeソフトの感覚で、データ分析できる無料biツールです。
マイクロソフト社により開発されました。

Officeを使い慣れている方であれば、簡単にデータ分析ができると思います。また、PowerPointのようにレポートを作成したり、ブラウザやスマートフォンで閲覧することも可能です。

プログラミングをしなくても、レポートなどを作成できます。

Facebookなどにも対応していて、無料版は1日ごとにデータソースからの定期更新ができます。

ですが、無料版では容量が1人1GBと少なく、他のアカウントとのレポートの共有や共同編集ができません。また、オンプレミス上にあるデータベースのデータを取り扱うことができず、アクセス制御もできません。

・Google Data Studio

簡単な操作で、センスの良いレポートが作成できるbiツールです。
Google AnalyticsやAdWordsとの連携もスムーズに行えます。

ノンプログラミングでデータ取得ができ、ドラッグ&ドロップでレポート、ダッシュボードの作成ができます。
また、Googleドライブでの共有が可能です。

ですが、印刷機能がなくWebでの閲覧のみで、異なるソースからのデータの合算描画と計算機能はありません。アドホックな分析には不向きです。

・Metabase

Metabaseは、オープンソースソフトウェアのデータ可視化ツールです。
分析機能自体は強くないのですが、データをわかりやすく可視化することできるので、データ分析の補助的なツールとして活用できます。

Javaで開発されたアプリで、Metabaseのjarファイルをシステムに設置して実行するので、インストールが簡単です。

また、日本語にも対応していて、シンプルなビジュアルでわかりやすい、最新のOSSデータ可視化ツールです。

グループごとにデータソースのアクセス権が設定でき、ActiveDirectoryと連携させることができます。

ですが、開発されて間もないためバグが多く、データベースの参照のみで保存ができません。専門用語が多いので、分からない場合は操作の理解に時間がかかるのが難点です。

フリーソフト版はある?

・FineReport

FineReportは、簡単なSQLができれば使いやすいツールです。
70種類以上のグラフやチャート、豊富な可視化効果とダッシュボード機能があります。

また、データ統合や共同作業、承認ワークフローやスケジューラタスクなどの業務効率化を図る機能も搭載されています。

90日間の無料トライアル版があるので、試してみる価値はあるかと思います。
トライアル期間中でも正式製品と同じく、機能制限がなしで全ての機能が無料で利用できます。

・Tableau Public

アナリティクスやレポート、ダッシュボード機能を備えたエンタープライズ版に加え、効果的な視覚分析のため、パブリック版の無料biツールも提供しています。

世界中のユーザがTableau Pubilcでデータ視覚化の作品を公開し、Webページやブログに埋め込むことが可能です。

使用上の不明点などを解決し、アドホックな深堀分析にも向いています。

 

機能比較表

無料のbiツールの機能を比較してみました。

 

Pentaho Metabase Microsoft Power BI Google Data Studio
対象規模 企業規模問わず 企業規模問わず 企業規模問わず 企業規模問わず
ノンプログラミングでのデータ取り込み ×
SQLクエリによる

データ取り込み

ガイド、テンプレート機能 ×
携帯での閲覧 ×

 

awsで使える?

awsのbiサービスは、Amazon QuickSightを使用できます。

Amazon QuickSightは、分析に関する専門家がいなくても、企業に蓄積されたデータを分析し、可視化することができます。

また、さまざまなアプリケーションに組み込んで使用することができ、より高度なデータ解析もできます。

 

シェアの割合

biツールのシェアの割合は、クラウド型ツールのシェア拡大が好調だそうです。
また、国内の都市圏における企業のbiツールの導入状況は、全体の74%程度です。

7割を超える企業がbiツールを導入しています。

すでに多くの企業がbiツールを利用しているということがわかっています。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.