IT

msmpeng.exeやantimalware service executableが重いとき・停止できない時の対処方法

msmpeng.exeが重たいときの対処法

msmpeng.exeはWindowsDefenderを利用してスキャンした時に重くなるファイルです。とくにフルスキャンの場合はパソコン自体がかなり重たくなります。対処法としてはWindowsDefenderを利用せずに、別の軽いセキュリティソフトを使うことをおすすめします。

それができない場合、フルスキャンが終わるまで別のプログラムを閉じて、相当の時間パソコンを放置してフルスキャンが終わるまで待つという方法があります。またフルスキャンを行う時はパソコンで別の動作を行わないのも一つの対処法かもしれません。

antimalware service executableが重いときの対処法

antimalware service executableもWindowsDefenderに内蔵されているバックグラウンドプロセスの一つです。こちらが重い場合WindowsDefenderがパソコンに高負荷与えていることが推察できます。まずはタスクマネージャーを見て見ましょう。それで確認して実際にantimalwareと service executableが重い場合、ウイルススキャンが働いている状況なので、まずはスキャンがどれだけ時間がかかるかを確認してその他のプログラムを閉じて様子を見ましょう。恐らくそれが一番パソコンのためになるはずです。

停止できない時

ウイルススキャンがずっと続いて終わらない場合、タスクマネージャーからWindowsDefenderを強制終了させる方法があります。そうすればWindowsDefenderのファイルであるmsmpeng.exeとantimalware service executableも終了できるはずです。万が一終了できない場合はmsmpeng.exeとantimalware service executableのソフトを直接タスクマネージャーから強制終了させれば一先ずパソコンに高負荷をかけているプログラムを終了できるはずです。タスクマネージャーはパソコンに問題が起きた時に開くと問題が分かるプログラムなので効率的に利用しましょう。

アクセス拒否された時

アクセス拒否された場合msmpeng.exeとantimalware service executableの主のログラムであるWindowsDefenderに何かしらの問題が出てきていることが分かります。その場合パソコンを強制的に落とすか、暫く様子を見るかの判断を迫られます。WindowsDefenderが重いということはパソコンに高負荷がかかっていることの証拠ですが、もう一点考えなければならない要素があります。そう、ウイルス感染です。ウイルスに感染している可能性がある場合強制終了するのは得策ではありません。なのでその他のプログラムをすべて閉じたうえでネット回線を物理的に遮断して様子を見るが得策かと思われます。

異常終了したとき

WindowsDefenderが異常終了した場合何らかのウイルスに感染している可能性も考えられます。パソコンが高負荷に耐えられずに強制的に終了した可能性もありますが、とりあえずパソコンに何らかの問題が発生しているのは間違いないです。なのでキャッシュを削除してみたり、パソコン自体を再起動してみましょう。再起動が上手く言った場合WindowsDefenderにその他のプログラムを閉じたうえでフルスキャンをさせて見ましょう。それでウイルスが出なければ問題なしです。ただしパソコンによってはWindowsDefenderと相性が悪い可能性も考えられるので頻繁にこのような問題が起きるのであれば、別のセキュリティソフトを導入することをおすすめ致します。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.