IT

filehistoryをwindows10で削除する方法・保存されない時・フォルダはどこにある?serviceが重いときの対処方法

filehistoryは、Windows10に搭載されている、データを簡単にバックアップし、一元的に保存することができる優れたツールです。誤って削除したり、破損したりした場合に備えて、重要な文書やファイルのコピーを保存しておくことで、ファイルの復元にも役立ちます。しかし、サービスが遅い場合やユーザーが希望する保存場所がいっぱいになった場合など、さまざまな理由でfilehistoryを削除する必要がある場合があります。今回は、Windows 10でfilehistoryを削除する方法、保存されない場合、フォルダーの場所、サービスが遅い場合の対処方法について説明します。

Windows10でfilehistoryを削除する方法

Windows10でfilehistoryを削除する方法は比較的簡単で、数回のクリックで実行できます。まず、Windowsのコントロールパネルを開き、「バックアップと復元(Windows 7)」のリンクを選択します。新しいウィンドウが表示されるので、ここで「filehistory」を検索し、「Filehistoryの管理」オプションを選択することができます。Filehistoryの削除」ボタンを選択し、画面に表示される指示に従って操作を完了します。

保存されない場合

filehistoryが自動的にデータを保存していないことがあります。このような場合は、バックアップが正しく設定されているか、定期的にバックアップがスケジュールされているかを確認することが大切です。バックアップがスケジュールされていない場合、データが保存されず、データにアクセスしたり、削除したりすることができません。バックアップの設定を確認するには、Windowsのコントロールパネルで「filehistory」を検索し、「ファイル履歴の管理」リンクを選択します。その後、「バックアップの設定」タブを選択し、手動で設定を確認してください。

フォルダはどこですか?

Filehistoryは、「Filehistory-YYYY-MM-DD」フォルダにデータを保存します(YYYYは年、MMは月、DDは日)。このフォルダの場所は、"C: ProgramDataFilehistory-YYYY-MM-DD" に移動してください。このフォルダーに入ると、すべてのバックアップが表示され、希望するものを手動で削除できます。

サービスが遅い場合はどうすればよいですか?

サービスが遅い場合、ハードウェアまたはソフトウェアに問題がある可能性があります。一時ファイルを削除したり、バックグラウンドで動作しているプログラムを終了させたり、システムを再起動することで、ディスクの空き容量を確保することができます。それでも問題が解決しない場合は、コンピュータのメモリまたはディスクの空き容量が不足している可能性があります。この場合、ハードウェアをアップグレードするか、使用可能なディスク容量を増やす必要があります。

削除しても大丈夫ですか?

はい、filehistoryに含まれるファイルが不要になった場合、コンピュータからfilehistoryを削除しても問題ありません。しかし、一度filehistoryを削除すると、そこに含まれるファイルは永久になくなり、復元することができなくなることを覚えておくことが重要です。そのため、filehistoryを削除する前に、本当にファイルが不要になったかどうかを確認することが重要です。

まとめ

結論として、filehistoryはWindows 10でデータをバックアップするための便利なツールです。ファイルを簡単に一元的に保存・復元することができますが、さまざまな理由で削除する必要がある場合もあります。Windows 10でfilehistoryを削除する方法、保存されない場合、フォルダーの場所、サービスが遅い場合の対処法、削除しても安全かどうかなどについて説明しました。これで、Windows10でfilehistoryを削除する方法とそのタイミングについて、ご理解いただけたと思います。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.