IT

dwg trueview 2022 日本語 japaneseと2021や2020の比較・アンインストールできない時の対処方法

DWG TrueView 2022 日本語 Japanese と2021や2020の比較

<2020年版>
・「建築設計」「電気制御設計」「機械設計」「設備設計」「地図情報」「ラスターイメージ処理」「プラント設計」の7種類のツールの中から自分の用途に合わせたツールを選択できるようになっています。
(※「ラスターイメージ」とは、画像を色のついたドットと呼ばれる点の集合として表現するデータ再現方式のこと。)
(※「プラント」とは、工場のことです。)

・様々なデバイスで使用することができ、Windows、Mac、Webブラウザ、iPadやiPhoneなどのモバイルツールでの活用も可能です。

・「ダークテーマ」を使用でき、背景色が「ダーク」になり、目にも優しく、画面がより見やすくなっています。

<2021年版>
・2020年版の7種類のツールセットの機能や性能が向上し、より効率的に、また迅速に作業できるようになっています。また、Webやモバイルへの保存が可能になり、出先からでの編集作業もより安全にできます。

・Webブラウザやモバイルアプリの「ライブラリ」から、「ブロックパレット」に接続することができるようになりました。
(※「ブロックパレット」とは、プログラムで利用するための支持命令のブロックが配置されている場所のことです。)

<2022年版>
・「トレース」機能が追加されています。
元の画面上で「トレース」機能を使うことで、元の画面が暗く表示され、その上のに別画面が表示され、図形や文字を書き込んだり、それを表示したりすることができます。
(※「トレース」とは、もともと表示されている画面上に、図形や文字を書き込むことです。)

・「図面共有」機能として、現在の図面のコピーへのリンクを共有し、AutoCADのWebアプリで表示編集することができるようになりました。

アンインストールできない時の対処方法

Windowsの場合について、3つの方法を説明します。

Windowsのコントロールパネルを使用(2022年以降の製品について)>
Windowsの「スタート」メニューから「コントロールパネル」を開き、「プログラムと機能」を選択し、インストールされているソフトウェアの一覧を表示します
→削除したいソフトウェアやコンポーネントが表示されていたら、「アンインストール」を選択します
→アンインストールすることを確認し終えたら、次に「終了」をクリックします
→プロンプトが表示されたら、再起動し、その後、「コントロールパネル」に戻って、アンインストールをします
(※「コンポーネント」とは、あるソフトウェアの動作等に関連したプログラムやファイルのことです。)
(※「プロンプト」とは、黒い画面上に表示されているプログラムのことです。)

<Autodeskアンインストールツールを使用>
実行中のすべてのプログラムを終了し、ウイルス対策ソフトウェアを無効にします

→「スタート」メニューから、「アンインストールツール」をクリックします
→削除するすべてのコンポーネントを選択し、「アンインストール」をクリックします

<Microsoftのインストールに関するトラブルシューティングツールを使用>
「プログラムのインストールまたは削除をブロックしている問題を解決する」に進みます

→「ダウンロード」をクリックします
→「実行」または「開く」をクリックし、次に、トラブルシューティングの手順に従ってください

日本語版をダウンロードする方法

「DWG TrueView 2022 日本語版」をダウンロードするには、

「AUTODESK DWG TrueView 2022」と検索し、「無償のオンラインビューア | Autodesk公式」をクリックします。
→AUTODESKの公式サイト「オートデスクの無償ビューア」というページに移動するので、画面を下にスクロールし、「すべてのビューア」の項目の上段真ん中にある「DWG TrueView」の「今すぐダウンロード」をクリックします。
→ファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかるかもしれませんが、ダウンロードしているパソコン内に「DWGTrueView_2022_Japanese 64bit_dlm.sfx.exe」というファイルが入っていればダウンロード完了です。

一括印刷する方法

<バッチ印刷>
バッチ印刷とは、複数の図面やシートをまとめて印刷するコマンドのことです。
(※「コマンド」とは、コンピュータに特定の機能を実行したいときに行う命令のことです。)

アプリケーションメニューの「印刷」から「バッチ印刷」を選択し、クリックする。
→パブリッシュウィンドウが開くので、パブリッシュ先を「PDF」に設定する。
(※「パブリッシュ」とは、投稿という意味で、データやファイルを伝送することです。)
→「マルチシートDWGをパブリッシュ」ウィンドウは出てくるので、その下の「▢開いている図面をすべて自動ロード(U)」という項目の▢にチェックを入れる。
→下の「シート名」に印刷可能なシートが表示されるので、印刷したいシートを選択する。
(※この時不要な図面は「Delete」で削除するか、「▢開いている図面をすべて自動ロード(U)」という項目の下の左から2つ目にある「シートを除去」のアイコンを押す。)

→「パブリッシュのオプション」をクリックして、「PDF パブリッシュ オプション」ウィンドウの「マルチシート ファイル」にチェックを入れる。
→設定が終わったら「マルチシート DWG をパブリッシュ」ウィンドウの一番下にある「パブリッシュ」をクリックする。
→「印刷-バックグラウンドジョブを処理中」のメッセージボックスが表示され、印刷が始まる。
→印刷が終わると、「印刷とパブリッシュのジョブの完了」と表示される。

以上で、一括印刷をすることができます。

一括変換する方法

画面左上にある「アプリケーション」ボタン(立体的で赤文字のアルファベットのA)をクリックします
→下に「名前を付けて保存」が表示されるので、右クリックし、右側の「DWG変換」を選択します
→「DWG変換」ダイアログボックスが開き、画面下の5つのアイコンの一番左「ファイルを追加」をクリックします
→「ファイルを選択」ダイアログボックスが表示され、変換するDWG図面を選択し、画面右下の「開く」をクリックします
→「DWG 変換」ダ
イアログボックスが開き、その中に、先ほど選択した変換したい図面が表示されるので、右側の「変換設定」をクリックします
→「変換設定」ダイアログボックスが表示され、その右上の「新規作成」をクリックします
→「変換設定を新規設定」ダイアログボックスが開き、その中の「新しい変換設定名(N)」欄の任意の名前を入力し、画面下の「続ける」をクリックします
→「変換設定を修正」ダイアログボックスが表示され、「変換パッケージの種類(T)」と「ファイル形式(F)」をそれぞれ選択し、その下にある「パス オプション」で「1つのファルダにすべてを含める(P)」にチェックをいれ、「OK」をクリックします
→「変換設定」ダイアログボックスに戻り、画面上で先ほど選択した「パッケージの種類」と「ファイル形式」が追加表示されているかを確認し、「閉じる」をクリックします
→「DWG 変換」ダイアログボックスが表示されたら、右側の「変換設定を選択」欄から追加されたものを選択し、画面下の「変換(C)」をクリックします
→上記で指定したファイル形式名の「〇〇ファイルを指定」ダイアログボックスが開くので、画面上の「保存先(I)」と画面下の「ファイル名(N)」を指定し、画面右側の「保存(S)」をクリックします
→デスクトップ上に、保存されたファイルが表示されます

以上が、一括変換する方法です。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.