IT

sparkメールのwindows版はダウンロードできる?iphoneでの振り分け設定の方法・予約送信ができない時の対処方法

sparkメールのWindows版はダウンロードできる?

sparkメールのWindows版はダウンロードできるとのことでした。これはパソコン専用のものがあるみたいです。iPhone、Androidなどのアプリケーションとはまた別ものみたいなので注意が必要です。しっかりとパソコン専用のものを探してインストールすることが大事だと思います。

iphoneでの振り分け設定

Sparkでは受信したメールが自動でカテゴリ分けされます。カテゴリは「重要」「通知」「メールマガジン」「既読」「新規」があります。

また、Sparkにはキーワードを設定し、該当するメールを自動で振り分ける「スマートフォルダ」という機能があります。設定するにはまず画面左上のアイコンをタップします。

サイドメニューが表示されます。そしてsmart inboxをタップします。そして一番下にある新規追加をタップします。スマートフォルダーをタップします。抽出するキーワードと名前を設定し、「追加」をタップすることで登録できます。登録したスマートフォルダはサイドメニューに表示されます。リストをタップすると抽出されたメールを閲覧することができます。

予約送信ができない時の対処方法

まずこのsparkにはほかのアプリケーションにはない特別な機能があります。それは指定した日時にメールを送信できる機能です。予約が完了していれば、iPhoneが圏外であっても相手にメールが届きます。

*メールの作成画面で、右下にある紙飛行機と時計のボタンをタップすることでできます。

日時指定でメールを配信予約した後に、送信トレイからメールを開いた

メールを一度開いてしまうと、該当メールが下書き状態に変わってしまいます。

仮に内容を変更せずに閉じたとしても、下書き状態になってしまうのでダメ。

「再度送信ボタンを押す」ことで送信待ち状態にすることができる。

送信トレイフォルダの、宛先左にあるアイコンが送信待ちのマークになる。

配信タイミングの時間はセットされているので、送信ボタンを押すだけで大丈夫です。

今まで予約送信ができてなかった人は次回からそのポイントに気をつけて見てみるといいかもしれません。

popの設定

次にpopの設定について説明いていきたいと思います。これで困ってる人も多くいると思います。なので細かく丁寧に解説します。

まずメールを開きます。左上にある横三のマークを押します。

次に左下にある設定のボタンを押します。

設定を開いたらメールアカウントを押します。

次にアカウントを追加を押します。

アカウントを手動で追加を押します。

そして自分のメールアドレスを入力します。

その後に詳細設定を押します。

上からユーザー名、パスワード、サーバー、ポート番号、セキリュティの順番に並んでると思います。

ユーザー名はすでに入ってると思います。パスワードは自分で設定できます。

ここからは受信設定と送信設定でやり方が異なるので注意です。

まず受信設定のやり方からです。サーバーの欄にはIMAPのメールサーバーを入力します。

ポート番号の欄にはIMAPのポート番号を入力します。セキュリティーはSSLを選択します。

これで受信設定の設定は大丈夫です。

次に送信設定のやり方です。

ユーザー名はすでに入ってると思います。パスワードは自分で設定できます。

サーバの欄にはSMTPのメールサーバを入力します。ポートの番号の欄にはSMTPのポート番号を入力します。セキュリティーはSSLを選択します。

これで送信、受信の設定は以上です。ここで最後に注意としてpop、IMAP、SMTPの入力を間違えないように気をつけてください。

アンドロイド版で開封設定はできない?

実はこのアプリケーションはAndroid版もあってなんとほとんどiPhoneと同じ機能なため安心してインストールして使うことができます。しかしここで注意です。*iPhone版には搭載されていて、Android版はまだ未登載の機能があります。今後追加予定なのは、「メールテンプレート」「クイック返信」「カレンダービュー」「チームへのメール付与」などです。ここだけしっかり注意して利用するようにしましょう。

 

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.