IT

Qonohaのダウンロード方法・危険性はない?・Windows10で使える?・LAV Filtersの設定・おすすめのスキン

Qonohaはシンプルながらに高機能なマルチメディアプレイヤーです。
無料・広告なしで利用することができ、スキンに対応もしています。

Qonohaのダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードを行うことができます。

Qonoha
http://hp.vector.co.jp/authors/VA032094/Qonoha.html

ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に解凍し、Qonoha.exeを起動すればすぐ使うことができます。
インストール不要で使うことができるので、レジストリを気にする方も安心です。

再生したいファイルをドラッグ&ドロップするか、右クリックから「ファイル(F)」→「ファイルを開く(O)」で再生することができます。

危険性はない?

最新バージョンは2020年に更新されたものになりますが、特に危険性があるという話は見当たりません。
インストール不要というのもその一因になっているのかもしれません。

windows10で使える?

公式にWindows10で動作確認されているので安心してご利用ください。

LAV Filtersの設定

PCに必要なコーデックがインストールされていない場合、再生できないことがあります。
そのような場合は、対応形式が豊富なコーデックパック「LAV Filters」をインストールしましょう。

インストール方法

以下のリンクからインストーラーをダウンロードし、インストールします。

Releases · Nevcairiel/LAVFilters · GitHub
https://github.com/Nevcairiel/LAVFilters/releases

・Select Destination Location
最初にインストール先のフォルダ設定画面になります。
特にこだわりが無ければそのまま「Next」をクリックします。

・Select Components
インストールするコンポーネントの選択画面になります。
基本的にはそのまま「Next」で問題ありません。
「H.264 MVC 3D Decoder」のチェックが外れていますが、こちらは3D映像用のデコーダーなので必要に応じてチェックを入れてください。

・Select Start Menu Folder
スタートメニューのショートカットフォルダの設定画面になります。
こちらもそのままで構いません。

・Select Additional Tasks
スタートメニューにショートカットを作成するかどうかです。
「Create Start Menu Shortcuts」にチェックを入れておきましょう。
LAV Filtersの設定はスタートメニュー内のショートカットから行うことになります。

・LAV Splitter Formats
LAV Filtersを使って再生するフォーマットの選択です。
チェックを入れ忘れても後から変更することが可能です。

・Ready to Install
以上でインストール準備ができました。
「Install」をクリックすればインストールが開始し、完了画面になります。

日本語化

日本語化ファイルはあるものの対応が古いバージョンのものとなるので、どうしても必要という方はLAV Filters 0.75をインストールして日本語化してください。

LAV Filters 日本語化ファイル | 日本語化工房
https://www.nihongoka.com/jpatch_main/lavfilters/

日本語化はダウンロードしたzipファイルを解凍した後、64bit版OSなら「~x64_jp.exe」を、32bit版OSの場合は「~x86_jp.exe」を起動してパッチを当ててください。

LAV Filtersの優先度を上げる

Windows7・8・10を使用している場合、インストール不要のデコーダー設定ソフト「Win7DSFilterTweaker」を使ってLAV Filtersの優先度を上げる必要があります。

以下よりWin7DSFilterTweakerをダウンロードしてください。

Win7DSFilterTweaker 6.4 Free Download - VideoHelp
https://www.videohelp.com/software/Preferred-Filter-Tweaker

ダウンロードしたexeファイルを起動し、「Preferred decorders」をクリックします。
デコーダー選択画面になるので、各項目の「LAV Video」をクリックして選択していき、最後に「Apply & Close」をクリックしたら完了です。

設定変更

以上でLAV Filtersを利用して再生することが可能になりますが、インストール時の設定で再生フォーマット選択し忘れていた場合、スタートメニューの「LAV Filters」内にあるコンフィグから設定し直すことが可能です。

おすすめのスキン

Qonohaはシンプルなデザインのマルチメディアプレイヤーですが、スキンによって外観を変えることができます。
デフォルトで入っている2種類以外にも、有志の方が作った数々のスキンが利用可能となっています。

下記サイトなどにスキンがありますので、自分好みのスキンを使ってみましょう。

Qonoha Skin+
http://aelskar.s201.xrea.com/qonoha_plus/

おすすめのスキンとしては、再生の邪魔にならない暗い色のものが良いと思います。

WMP12List
http://aelskar.s201.xrea.com/qonoha_plus/skin_uploader/skin/wmp12list/index.html

CH_Black124_mod
https://ashiato1.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

使いたいスキンがある場合、公開されているサイトからそのスキンをダウンロードしましょう。
ダウンロードしたスキンを解凍し、フォルダごとQonohaの「Skin」フォルダに入れます。
Qonohaの画面で右クリックをし、「設定」をクリックします。
設定ウィンドウが開いたら「スキン」タブをクリックします。
「スキンの選択」に入れたスキンが表示されているので選択し、「OK」をクリックするとスキンを変更できます。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.