IT

virustotalの見方と使い方・日本語化はできる?自動検索する方法・ハッシュ値の確認方法・危険性はない?

Virustotalは、不審なファイルやリンクを分析するためのオンラインプラットフォームとして人気があります。Googleが提供するサービスで、ウイルス対策エンジンのコレクションにアクセスすることで、URLやファイルを素早くチェックし、悪意のあるコンテンツを特定することができます。今回は、Virustotalを使いこなす方法を探っていきます。Virustotalを日本語で検索する方法、自動で検索する方法、ハッシュ値のチェック方法、潜在的な危険性、APIキーの取得方法などについて説明します。Virustotalについてもっと知るために、読み進めてください。

 

Virustotalの見方・使い方

 

Virustotalは、マルウェアの検出、フィッシングの検出、ファイルの整合性の判断などに使用できる強力なツールです。Virustotalを使用するには、まずVirustotalのWebサイトにアクセスし、アカウントを作成する必要があります。アカウントを作成したら、提供されているサービスを使い始めることができます。

 

ウェブサイトのメインページには、ファイル、URL、またはIPアドレスを入力できる検索バーが用意されています。検索クエリーを入力すると、結果のレポートが表示されます。レポートには、そのファイルを悪意あるものとして検出したアンチウイルスエンジンの数、総検出数、53のアンチウイルスエンジンのうち検出された数などが記載されています。

 

日本語に翻訳できますか?自動で検索する方法

 

Virustotalは日本語での検索に対応しています。日本語を使用するには、検索バーのドロップダウンリストから「jp」を選択する必要があります。言語が選択されると、通常通り検索が可能になります。

 

また、APIを利用して自動的に検索することも可能です。これは、アカウントを自動検索に設定することで可能です。一度有効にすると、定期的に新しい脅威を検索するようになる。

 

ハッシュ値の確認方法

 

ハッシュ値とは、ファイルを表現するために使用されます。特定の長さで構成される英数字の文字列です。ファイルのハッシュ値を確認するには、「ハッシュ値を計算する」オプションを使用します。これにより、ファイルのハッシュ値が計算され、ページに表示されます。

 

危険はないのですか?

 

Virustotalでは、悪意のあるファイルやURLが検出されることがあることを覚えておくことが重要です。悪意のあるファイルとして認識された場合、そのファイルを開いたり実行したりする前に注意を払うことが重要です。

 

APIキーの取得方法

 

Virustotalの全機能を利用するためには、APIキーにサインアップする必要があります。APIキーを取得することで、自動スキャンやレポートなど、すべての機能にアクセスできるようになります。APIキーにサインアップするには、アカウントを作成し、APIキーを申請する必要があります。

 

まとめ

 

Virustotalは、アンチウイルスエンジンのコレクションへのアクセスを提供する強力なオンラインプラットフォームです。この記事では、Virustotalを最大限に活用する方法について検討しました。Virustotalを日本語で検索する方法、自動で検索する方法、ハッシュ値の確認方法、潜在的な危険性、そしてAPIキーの取得方法について説明しました。なお、Virustotalでは、悪意のあるファイルやURLも検出されることがあるため、利用する際は注意が必要です。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.