IT

ctfmon.exeとCTFローダーの関係・実行できない時やアプリケーションエラー時の対応方法・再起動するときのコマンドは?

ctfmon.exeとCTFローダーの関係

CTFローダー=ctfmon.exeと考えて問題ありません。このCTFローダーはPCの動作が重くなったときにタスクマネージャーを確認するとプロセスのCPUとメモリの使用率が非常に高い場合があります。CTFローダーはWindowsパソコンのIMEと連動して動作しています。CTFローダーは停止することはお勧めできません。停止してしまうとほとんどの文字入力ができなくなります。キーボードだけではなく音声入力も不可になります。最初に言ったCTFローダー=ctfmon.exeというのは間違いありませんがより詳しく言うと、CTFローダーの実行プログラムがctfmon.exeなのです。

実行できない時

CTFローダーが実行できない時は、エラーが発生している場合が考えられます。その場合ハードディスクのファイルシステムが破損していると考えることができます。そのためパソコンの動作を取り戻すためにはシステムドライブにチェックディスクを実行してファイルシステムの修復を試してみてください。若しくはCTFローダーにウイルスが感染している可能性も考えられます。その場合ご自身でお使いのセキュリティソフトでウイルスがいないかどうかをチェックしてみてください。簡易スキャンでは特定しきれない場合が多いのでフルスキャンを行うことを強くおすすめいたします。それでウイルスが発見できれば駆除され使えるようになるはずです。

アプリケーションエラー時の対応方法

CTFローダーのアプリケーションエラー時はいくつかの原因が考えられます。人る目がプロセスの競合です。二つ目が入力パックの問題です。三つ目がオフィスソフトの不適切なインストールです。最後がマルウェアに感染した場合です。修正方法ですが前述したようにお使いのセキュリティソフトでまずはフルスキャンを行いましょう。次に有効な手段としてタッチキーボードと手書きパネルのサービスを無効にすることがあります。入力に物理キーボードを使っている場合この二つは無効にしても問題ありません。無効にすることによってCTFローダーの不具合が解消される場合もありますので使われない場合無効にしましょう。

再起動するときのコマンド

セキュリティソフトでウイルススキャンしたけど重いままの場合も考えられます。その場合まずは一回パソコンを再起動してみましょう。たいていの場合一度再起動すればパソコンの不具合は解消されます。それでも治らない場合、Windowsのシステムファイルが破損していることが原因の可能性があります。それでCTFローダーの負担が増加するケースが考えられます。その場合DISMコマンドとシステムファイルチェッカーを使いシステムファイルを修復してみましょう。まずはWindows PowerShell(管理者)を起動しましょう次にコマンドDISMを入力しましょう。こうすれば自動で壊れた個所を修復してくれます。

ウイルスではない?

CTFローダー=ctfmon.exeはウイルスではありません。パソコンの文字入力に使われるソフトウェアです。なので安心してください。ただしタスクマネージャーで確認した時に以上にCPUの占有率やメモリの占有率が高い場合破損したかウイルスに感染している可能性が疑われます。そのため前述したようにお使いのセキュリティソフトでフルスキャンを実行してみてください。その後ウイルスが確認できなければ破損している可能性があります。その場合は前項で述べた方法で一旦再起動を行いましょう。それでもダメな場合コマンドを使ってctfmon.exeを再起動してみましょう。そうすれば問題は解決できるはずです。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.