IT

desktop.iniを削除しても問題ない?どこにある?非表示設定を解除する方法・CD書き込み時にあってもいい?

desktop.iniを削除しても問題ない?

desktop.iniは突然現れることが多いようです。突然現れることから一種のウイルスではないかと言われています。ですがウイルスではありません。このdesktop.iniはデスクトップ画面の構成情報のデータを保存しているシステムファイルのことです。このdesktop.iniはデスクトップ画面が複数あれば複数表示されるものとなっております。さて問題の削除していいかですが……。結論としては削除しないほうがいいです。削除してしまうと最悪デスクトップ画面が映らなくなります。なのでファイルの削除をどうしても行いたい場合、デスクトップ画面が消えてしまう危険性を頭に入れてから自己責任でお願い削除をお願いします。

どこにある?

desktop.iniは隠しファイルとして保存されています。そのためどこにあるかは何とも言えません。ですがデスクトップ画面に作られるのでデスクトップに隠しファイルとして存在していると思われます。実際に調べてみた所、Users(ユーザー名)Desktopで出てくるとのことですのでやはりこの場所にデータが保存されていると考えていいでしょう。隠しファイルですので普段はどこにあるか分からないと思います。具体的な場所が知りたい方は隠しファイルを検索できる詳細検索を駆使してdesktop.iniを探してみてください。ただ探しても実用性は低いので実際に検索はしなくてもいいかもしれません。表示されて邪魔な場合には非公開にしましょう。

非表示設定を解除する方法

desktop.iniの非表示設定を変更するには、まずエクスプローラーを開きましょう。開けましたらウィンドウ上部にあるファイルをクリックしましょう。そしてメニューを開きオプションをクリックしましょう。そうするとフォルダオプションが表示されますので、詳細設定一覧を一番下までスクロールしましょう。そうしますと保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)という欄がありますのでそちらのチェックボックスをオフにしてください。そうすればdesktop.iniの非表示設定が解除されて見ることが可能になります。

CD書き込み時にあってもいい?

desktop.iniをCDに書き込むときですが、あってよいのでしょうか?隠しファイルだからない方がいいと思われるかもしれません。ですが実際にはCD書き込みを行う時は必ずdesktop.iniが書き込まれています。これは絶対に削除してはいけません。削除してしまうと最悪CDが壊れてしまいかねません。CDは一旦フォーマットしてください。その後は普通のフラッシュプレイヤーにデータを移す要領で書き込み時の方法はドラック&ドロップ行えば問題なくCDにデータを保存できるはずです。

復元する方法

desktop.iniファイルは普段は目にしないファイルです。ですがこの形式のファイルは絶対に必要なファイルです。誤って削除等をしてしまった場合、復元を試みてみましょう。iniファイルはWindowsでソフトウェアの設定や記述を担当するファイルです。設定ファイルと呼ばれます。誤って削除してしまった場合の復元方法ですが、おすすめとしましては無料の復元ソフトを使うことをおすすめ致します。特にEaseUS Data Recovery Wizard Freeは無料とは思えないぐらい高機能なソフトウェアです。クイックスキャンで短くスキャンして削除してしまったデータを快適に探したり、ディープスキャンという深い復元率を持っています。SD以外にもSSD、HDDにも対応しておりますのでぜひ検討してみてください。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.