IT

irql not less or equalのブルースクリーンがWindows10で表示された時の原因と対処方法

irql not less or equalのブルースクリーンがWindows10で表示された時の原因

irql not less aqualというエラーメッセージがブルースクリーンに表示される原因は以下のような事が考えられます。

原因の特定が難しいトラブルなので後に書く対処法を試してみて下さい。

  • CPUやRAMのハードウェアの物理的な問題。
  • CPU温度の上昇やオーバークロック。
  • マルウェアやウィルスへの感染。
  • Windowsのシステムファイルの破損や不具合。
  • デバイスドライバのエラーや不具合。
  • Windowsアップデート後に発生したのであればシステムやドライバの互換性に問題が起きているのかもしれません。

対処方法

フリーソフトの「BlueScreenView」を利用して、エラーの原因となりそうなファイルを調べてみる。

Windowsのシステムファイルチェッカーでシステムファイルを修復する。

特にBSODの原因が「ntoskrnl.exe」などOSに関連するプログラムの可能性が考えられるケースにはこの方法が有効です。

この方法でエラーが再発しないかをチェックしてみてもエラーが頻発したり直らない場合は次の手順をやってみて下さい。

RAMに何らかのエラーが発生してしまった為にBSODが起きる事があります。

  • Windowsメモリ診断で確認する。

Windowsメモリ診断ツールでチェックした結果、何らかのエラーが表示されていればRAMに問題があるという事なので、この場合はパソコンに搭載しているRAMを交換するのが賢明です。

  • 1度元通りの構成に戻してみる。

RAMの交換や増設を行った後にエラーが発生しているなら1度元通りにしてみて、その状態でエラーが発生しなければ増設・交換したRAMに問題があるという事になります。

  • アップデート前に戻す。

Windowsアップデート後にBSODが表示されるようになった場合は、直近の更新プログラムに問題がありそうです。

ですのでWindowsのシステムをアップデート以前の状態に戻すとBSODのエラーが解決するかもしれません。

Windows10の場合はアップデート後10日以内ならシステムを戻せます。

Windowsを以前の状態に戻したらBSODのエラーの有無を確認して下さい。

上記の方法で解決できた場合は、最新のWindowsアップデートに原因があるという事です。

  • チェックディスクを実行する。

HDD・SSDの不良セクタやファイルシステムに異常があり、BSODのエラーの原因になっている可能性もあるので1度チェックディスクを実行して不良セクタの修復が必要です。

ただしチェックディスクは時間がかかるので、時間に余裕がある時にやってみて下さい。

  • セキュリティソフトでパソコンをフルスキャンしてみる。

マルウェアやウィルスに感染した事でエラーが発生するケースもあります。

  • デバイスドライバーのアップデートをしてみる。

アップデート完了後パソコンを起動してエラーが出ないか確認。

「最新版です」というメッセージが表示されていたらドライバーは最新の状態です。

  • デバイスを再インストールする。

インストールしているデバイスドライバーに問題があった場合、BSODエラーが発生する可能性があります。

特定のデバイスが原因でBSODが発生してデバイスドライバーが更新できないという場合はデバイスドライバを更新すると解決する事もあります。

  • デバイスの使用をやめる。

特定のデバイスを使用時にBSODが発生してデバイスドライバーの更新・再インストールをしても問題が解決しない時もあります。

上記の場合はデバイス自体に問題があるか、パソコンとドライバーの相性に問題があると考えられます。

なのでエラーの原因となっているデバイスの使用をやめる。どうしてもデバイスを使用する必要がある時は別のデバイスの使用をおすすめします。

  • CPUやRAMのオーバークロックを無効にする。
  • CPUやRAMのオーバークロックして使用していると、オーバークロックによって
  • パソコンの動作が不安定になってしまい、BSODが表示されてしまう事もあります。その為1度クロック周波数を定格に戻してBSODエラーが表示されるか確認してみて下さい。クロック周波数を定格に戻すと正常に動く場合は、オーバークロックの設定がパソコンの許容範囲を超えている事が考えられるのでクロック周波数を定格で使用する、もしくはエラーの出ない範囲まで下げてみて下さい。
  • CPUの温度を確認する

オーバークロックしていない状態でもCPUが過熱しているとBSODが表示される場合もあります。

その為1度CPUの温度を確認してみる事をおすすめします。

0%のまま動かない時

電源ボタンを押し強制終了して起動するという方法しかないようです。

色々調べてみたところ「熱」が原因ではないかという意見が多くみられました。

ですので放熱対策を万全にしてみるといいかもしれません。

ただ、上記の方法を試す際にはバックアップを忘れないようにして下さい。

Windows11では発生する?

irql not less aqualはWindows11でも発生します。

対処方法は先に書いた方法で対応可能なようです。

このエラーが出てきた時には早めの対処をおすすめします。

再起動しない時

再起動しない状態になってしまっても冷静に1つ1つ対応していくしかありません。

Windowsが再起動しない時の解決方法としてやる事は以下の通りです。

  • パソコンに繋いでいる機器を全て外す。→再起動する。
  • 放電
  • パソコンの初期化
  • BIOSの初期化
  • 自動修復機能・スタートアップ機能を使う。

これらを実行してみても解決しなかったら無理をせず専門家・業者に連絡する方が得策です。

原因の特定はプロでなくては難しい時もあります。

「データ」を優先したい方は信頼できるプロのデータ復旧会社を探してみて下さい。

 

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.