IT

datedifが使えない時の対処方法・2016での対処方法・2020での対処方法・#NUM!が表示された時の対処方法

datedifが使えない時の対処方法

datedifがはExcelの関数で使われます。datedifがが使えない場合対処方法として二通りの方法が挙げられます。まず一つ目がExcelのデフォルト設定を変更する方法です。Excelのデフォルト設定では日付を1904年から計算するがオフになっています。そのため1900年から計算されるようになっているためdatedif関数が使用できません。そのため日付を1904年から計算するを有効にすることでdatedif関数が利用可能になります。もう一つの方法として別の関数を使う方法があります。例えばですがYEAR関数を使えば年齢を表示させることが可能になります。関数は色々あるので代用はできるんですね!

2016での対処方法

Excel2016での対処方法を調べてきました。エクセル2016でDATEDIF関数がない場合、前述したように別の関数で代用する方法がまず挙げられます。若しくは関数を=DATEDIF(L1,E3,"Y")と打つと#NUM!となる場合は式を変えることで結果を表示させることが可能になります。datedifは年齢を表す関数です。そのため=DATEDIF(E3,L1,"Y")として式を入力することでExcel2016でdatedifを使うことが可能になります。関数は非常にややこしいですが、使い慣れるとExcelを有効に利用することができるので、色々検索して試してみましょう。

2020での対処方法

2020での対処方法も2016年の対処方法とほとんど変わりません。まずは日付を1904年から計算するを有効にすることでdatedif関数が利用可能になりますのでこちらを試してみてください。こちらを試してみて機能しなかった場合式に間違いがないかを確認しましょう。Excelの関数は非常に便利ですが一文字でも間違えているとエラーが出てしまいます。なので本当に式があってるかどうかを目視で確認しましょう。もし完全に式があっていて計算ができない場合は前述したように代用の関数を利用するのをおすすめ致します。Excelのバージョンによっても違ってきますので、完全な対象方法はないんですね。各自で代用の関数を調べて使うことをおすすめ致します。

#NUM!が表示された時

まずは式の意味を見てみますYは期間の年数ですMが期間の月数です。Dは期間の日数です。MDは開始日から終了日までの日数となっております。YMは開始日から終了日までの月数となります。YDは開始日から終了日までの日数となります。DATEDIF 関数は年齢を計算する数式で利用すると非常に便利です。ですがこのようにたくさんの計算式があるので間違えてしまう可能性が高くあります。例えばですが#NUM!が出てきた場合は、開始日よりも終了日が大きい場合に結果が#NUM!になるようになっています。つまり計算式が正しくないので一度見直しを行いましょう。

エラーになったとき

エラーになった時は式が間違っていないかまずは確認しましょう。よくある問題点として、因数が足りない場合や、前述した#NUM!が出てくることが良くあります。因数が足りない場合は開始日と終了日、単位の3つがあるかどうかを確認しましょう。「#NUM!」が表示された場合には開始日と終了日の関係が開始日よりも終了日の方が以上になっていることを確認しましょう。datedif関数は使いこなせれば非常に便利ですが、使いこなせない場合非常にわかりにくい関数となっています。そのため使う場合はある程度エクセルの操作に慣れてから使うことを強くおすすめ致します。無理して使って失敗したら意味がないですからね。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.