IT

microsoft compatibility telemetryが重いときの対処方法・停止の影響はある?無効にするコマンドは

microsoft compatibility telemetryが重いときの対処方法

Microsoft Compatibility Telemetryとは一体何でしょうか?答えはWindowsカスタマーエクスペリエンス向上プログラムの一部で、Windowsに不具合やエラーの情報を集めMicrosoftに送信するのが主な役割とされます。このプログラムは定期的に自動で起動します。そして集められた情報を今後のアップデートやバク修正に活用するという訳です。余りにも重い場合直接パソコンに関係あるプログラムではないですので、タスクマネージャーから手動で停止させるのも一つの方法でしょう。ただし手動で止めても自動で再起動するためいたちごっこになりかねません。そのためタスクスケジューラーから停止させる方法やレジストリを編集して止める方法があります。基本的には重いときにタスクマネージャーで止めれば良いと思います。

停止したら影響が出る?

前述したようにMicrosoft Compatibility Telemetryとはマイクロソフトにデータを送信するためのプログラムです。データの反映やバクの調査に積極的にマイクロソフトに協力したいと思っていなければ止めてしまっても特に問題はありません。むしろデータの流出が怖いから止めてしまいたいと思う方も多いかと思います。そのため停止しても影響はないので基本的に停止するようにしましょう。

無効にするコマンドは?

まずタスクバーにあるスタートボタンをクリックしましょう。スタートメニューが開くと思いますので、Windows管理ツールからタスクスケジューラーを起動しましょう。起動が終わったら、タスクスケジューラーの項目をダブルクリックしリストを展開します。リストを展開するとタスクスケジューラライブラリの項目が表示します。その後はタスクスケジューラライブラリをダブルクリックして展開しましょう。次に同様の操作を行いMicrosoftフォルダを展開しWindowsフォルダを展開します。その後Application Experienceを探してダブルクリックします。そうすると中にMicrosoft Compatibility Appraiserがありますのでこちらをクリック願います。クリックして選択状態にしたあと右側の操作メニューから無効化ボタンをクリックで無効にできます。

停止できない時

Microsoft Compatibility Telemetry基本的に上記の方法を行えばMicrosoft Compatibility Telemetryは停止することができます。万が一停止できない時はレジストリの異常が考えられますので一旦レジストリをクリーンアップしてから同様の操作を行ってみてください。若しくはレジストリを弄ってMicrosoft Compatibility Telemetryを止める設定をしてみてください。

再度有効化する方法

再度有効化する方法ですが前述したようにタスクバーにあるスタートボタンをクリックしましょう。Windows管理ツールからタスクスケジューラーを起動しましょう。起動が終わったら、タスクスケジューラーの項目をダブルクリックしリストを展開します。リストを展開するとタスクスケジューラライブラリの項目が表示します。その後はタスクスケジューラライブラリをダブルクリックして展開しましょう。次に同様の操作を行いMicrosoftフォルダを展開しWindowsフォルダを展開します。その後Application Experienceを探してダブルクリックします。そうすると中にMicrosoft Compatibility Appraiserがありますのでこちらをクリック願います。クリックして選択状態にしたあと右側の操作メニューから有効化ボタンをクリックで有効にできます。

-IT

Copyright© 高級万年筆愛好家MANNENのグルメブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.